〔おさけの会〕豊島屋酒造「屋守」× おさけと霞ヶ関

〔おさけの会〕豊島屋酒造「屋守」× おさけと霞ヶ関

2023年 10月14日

東京都、東村山市の、豊島屋酒造から、
杜氏・田中孝治さんをお招きして、
おさけの会を開催いたしました!

おさけとのスタッフで蔵見学にお邪魔したのが1月の下旬。
やはり直接お酒造りの現場を見ると、
そのお酒への想いが強くなります。
その思いをより強くお客様に届けたいと願い、
今回のおさけの会を開催となりました。

特約店限定の「屋守」を3種類と、
昔ながらの東京の地酒である金婚。

より身近に田中さんのお話が聞けるよう、
田中さんも食卓を囲むスタイルで実施しました。

通常火入れしてしまう時期ですが、
この会のために生で保管していただいた「屋守 純米 中取り 生」は
フレッシュさがありながら落ち着いた味わいでした。

金婚「江戸酒王子」は、
古い酵母である清酒江戸酵母を使用。
この酵母は独特の酸味を生み出す酵母であり、
かつ醸造過程で天然の乳酸菌がかなり迷い込んできたのだとか。
絶妙な酸味のある味わいに
「はじめての味」と、お客様の注目が集まります。
(ちなみにこのお酒、八王子の酒米を使うのだとか。
それで”江戸酒王子”の名前がついているのです!)

約1年熟成された、今回とっておきの、
非売品の活性にごり酒。
冷酒はもちろん、
熱燗で本領発揮。
55℃と45℃の2つの温度でご提供。
3つの温度で変わる味わいの変化をお楽しみいただきました。

最後には、甘口貴醸酒とスイーツを合わせて。
ドライフルーツクリームチーズとは相性抜群。
バニラアイスには、直接かけても美味でした。

豊島屋酒造さんは、
東村山駅から徒歩でいけるところ。
新宿駅から1時間くらいです。
なんと、お酒造りの時期であっても、
毎週土曜日は蔵見学を実施されているそう。
運がよければ、その場でしぼったばかりのお酒も飲めるかもしれないそう?
ぜひみなさん、蔵見学に出かけてみてください!

和食日和おさけとでは、
生産者の想いを伝えるおさけの会を不定期で開催しています。
https://www.osaketo-washoku.jp/topics/

お問い合わせ
ご予約はこちら

ネット予約は24時間受付

店舗情報

【公式】和食日和おさけと大門浜松町

【公式】和食日和おさけと大門浜松町

住所
〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目1-6
ADsis大門 5F
アクセス
都営大江戸線・浅草線 大門駅 徒歩1分
JR山手線・京浜東北線 浜松町駅 徒歩2分
都営三田線 御成門駅 徒歩10分
新交通ゆりかもめ 竹芝駅 徒歩10分
電話番号
050-5448-3339
営業時間
■ランチ
[月~土]11:30~14:00(L.O13:30)

■ディナー
[月~木]17:00~22:30(L.O21:30)
[金曜日]17:00~23:00(L.O22:00)
[土曜日]17:00~22:00(L.O21:00)
定休日
日曜・祝日
決済方法
現金: 可 
クレジットカード ; VISA  マスター  アメックス  DINERS  JCB 
電子マネー ; Suica  iD  QUICKPay 
QRコード決済 ; PayPay 
備考